指揮者 濱田芳通の紹介     CDディスコグラフィーへ English


濱田芳通(Hamada Yoshimichi)

我が国初の私立音楽大学、東洋音楽大学(現東京音楽大学)の創立者を曾々父に持ち、音楽一家の四代目として東京に生まれる。桐朋学園大学古楽器科卒業後、スイス政府給費留学生としてバーゼル・スコラ・カントールムに留学。リコーダーを花岡和生、コルネットをB.ディッキー、中世理論及びアンサンプルをC.ヤング、D.ヴェラールの各氏に師事。コンチェルト・パラティーノ、アンサンブル≪PAN≫、アンサンブル≪ラ・フェニーチェ≫のコンサート及び録音に参加するなど、ヨーロッパ各地で活躍する。また、映画「利休」及びアニメ「耳をすませば」「もののけ姫」の音楽、大河ドラマ「信長」「秀吉」に出演するなど、知られざるバロック以前の音楽や楽器を広めるべく、幅広い活動を行っている。
東京藝術大学リコーダー科講師、東京「目白バ・ロック音楽祭」レジデント・アーティスト、大分「豊後ルネサンス音楽祭」音楽監督を歴任。2008年1月、神奈川県立音楽堂主催のモンテヴェルディ歌劇『オルフェオ』で音楽監督及び指揮者をつとめたほか、2010年12月には、東京室内歌劇場公演にて、F・カヴァッリのバロック・オペラ『ラ・カリスト』を指揮。
 合唱団≪ラ・ヴォーチェ・オルフィカ≫指揮者。
 (ラ・ヴォーチェ・オルフィカのトップページへ
 
アントネッロの公式ページへ

 

 



公演に寄せて(アントネッロ:濱田芳通)


La VOCE ORFICAのトップページへ